SDGsへの取組み Sustainable Development Goals

BRIDAL SALON AIではSDGs[持続可能な開発目標の一つである「作る責任、使う責任」の観点に基づき着物の廃棄を可能な限り減らすため、額装加工し新たなアイテムとしてご提供する試みを始めています。MIYABI ONLINE STORE へ行く▶︎

MIYABI ONLINE STORE へ行く▶︎


きものアート制作工程

  1. とても豪華な打掛ですが、何度も着ていくうちに傷などが出来てしまい一見では目立たないものですが、婚礼衣裳としては使用できなくなります。

    婚礼衣裳としての役目を終えた色打掛を使い額装加工し、きものアートのインテリアとして第二の価値を生み出していきたいと考えています。

  2. 1枚の着物から複数枚のアートフレームがつくられます。

    まず最初に袖・身頃・襟・裏地に分解しそれぞれのパーツに分けていきます。

  3. 柄の繋がりを崩さないように縫い目を解いていきます。

    解体したパーツを並べて、どの柄をフレームにするかどのくらいの大きさに額装加工するかを検討します。

  4. 実際に加工に使用するマットを並べてイメージし、その後裁断に移ります。裏地もきものフレームを保管・保護する入れ物として使用しています。

    どの着物も額装すると絵画のように華やかで緻密に計算された図柄はとても美しいです。

    ぜひ MIYABI-Online Store でお楽しみください。

MIYABI ONLINE STORE へ行く▶︎

ページの先頭に戻る